「振袖を選ぶ」は振袖だけじゃない!小物も選んで自分流コーディネート!

2021.05.16
コーディネート

こんにちは!

いせや呉服店グループのファーストコレクション熊谷行田店・営業の森田と申します!

今回は振袖のコーディネートについてお話したいと思います!

 

「振袖を選んで終わりじゃないの?」

いえいえ!

振袖にはたくさん小物があり、組み合わせによって雰囲気が全く変わっていきます。

ファーストコレクションでは、お嬢様やご家族様と一緒に考え、ご提案いたします。

「こんなに選ぶ物があるの?」「どんな組み合わせがいいの?」

そんな皆様へ、小物についてご説明いたします!!

 

 

重ね衿・刺繍半衿

重ね衿は振袖と長襦袢の間に入ります。

可愛い系がお好みなら、ピンクや黄色。

柔らかい雰囲気を目指すなら、薄いピンクやラベンダーといった淡い色を。

顔回りをスッキリ見せたいなら、赤・青・黒といった濃いめの色を。

オレンジや黄緑で明るく元気な印象にするのもオススメです!

重ね衿はメインカラー+ゴールドの二重の物が多いのですが、

三重・四重の物や、パールやレース付きの物もございます。

華やかに、そして人と同じはイヤだ!というお嬢様にオススメです☆

刺繍半衿は長襦袢の衿に縫い付けて使います。

そもそも半衿とは、ファンデーションなどのお化粧や首回りの汗が、

ファンデーションに付かないように保護する為の物です。

その半衿に刺繍を入れてオシャレにしたものが刺繡半衿なのです。

昔は白いままが定番でしたが、最近では9割以上の方が刺繍半衿にされます。

小さい柄や大きい柄、薄い色の柄や濃い色の柄、地色が赤や黒といった物など、

たくさん種類がございます!

顔周りをスッキリ見せたい方は刺繍半衿なしでも大丈夫ですし、

色が入っていない白い刺繍の物もございますので、

ご遠慮なくご希望をお伝えください◎

これらは顔に1番近いところなので、全体の雰囲気だけでなく、顔映りも意識してお選びください。

 

 

帯揚げ

帯の上にある布みたいな物が帯揚げです。

定番は絞りの物ですが、ちりめん素材の物やレースの物もあるんですよ♪

ちりめん素材ですと、リボン風に可愛く結ぶ事ができます。

振袖に使われている色を使って全体をまとめてもいいですし、

差し色を使うと華やかな印象になりますよ!

 

 

帯締め

帯締めは体の中心部分にあります。

ショールをしても見える小物で、ここに気合いを入れる方も多いですよ。

ママ振りの方は飾りのないシンプルな物が多いのですが、

豪華に大きい飾りが付いた物が人気です!

振袖や帯の柄を目立たせたい場合は、控えめな飾りの物を選ぶのが良いかと思います。

全体が引き締まって見えるので、濃い色を選ぶ方が多いですね。

重ね衿・帯揚げ・帯締めの色の組み合わせ方は自由です!

ですが3つ全て同じ色だと「つまらない」と感じる方も多いので、

どれか2つを同じ色にして1つを違う色にしていただくと、

遊び心もありつつ、全体がまとまって見えるのでコーディネートがしやすいと思います。

 

草履・バッグ

ファーストコレクションではお嬢様のコーディネートに合わせて、草履・バッグを選ばせていただきます。

最近はブーツを履かれる方もいらっしゃいます。

ブーツをご希望の方はご自身でご用意ください。

その他に髪飾りも重要なアイテムです。

振袖や小物に使われている色の物にすると全体にまとまりが出ますよ。

 

 

いかがでしたか?

「振袖を選ぶ」って、「振袖だけを選ぶ」わけではないんです。

選ぶ物が多いので、最後の方はヘトヘトに疲れてしまうお嬢様もいらっしゃいます(汗)

パンフレットなどで情報収集の際は、振袖だけでなく、小物にも注目して見てみてくださいね♪

気になる色、試したい色がありましたらドンドン仰ってください。

納得のいくコーディネートで、一生に一度の成人式を楽しみましょう!

 

振袖選びのご予約はこちら